スポンサーリンク




スポンサーリンク(広告)


実際に転職を体験した先輩看護師が教える「助言・アドバイス集」はこちら


アイコン_charruntouさん

charruntouさん(保健師・20代・大阪府)

私は総合病院の整形外科急性期病棟に看護師として勤務していました。毎日急患がきてオペをして、退院作業、転院手続きの連続でした。夜勤中でも急患やオペ帰りの患者がいるのでとても眠れません。不規則な生活になるのは覚悟の上でしたが入院患者のアナムネをとりながら気分が悪くなったりもしていたので、これ以上身体が壊れるのが我慢できず、保健師の資格を持っていたので保健師に転職することにしました。夜勤が身体に合わなくなり吐き気を催すようになったので身体に負担のかからない仕事に転職したいと思ったからです。
高校や大学の保健室業務を中心に探して行きました。ハローワークにも登録しましたが、ハローワークは病院の募集が多く、保険室業務はなかなかレアで募集がありませんでした。とりあえずネット検索をしていきました。保健室、看護師、保健師のキーワードで検索していき、たまたま indeed で大学の保健室の募集があったので非常勤でしたが応募しました。内容は学生、教職員の応急処置、健康診断の運営程度でした。10人程度の募集がありましたが、面接の結果保健室で働くことができました。この度保健室で働くようになり、ずっと立ちっぱなしでコールの度に動き回っていた病院時代とは違い、体に負担なく仕事ができています。看護師の資格を持っているので病院で働かなくてはという考えはいらないなと感じました。

charruntou(保健師 20代 大阪府)

*    *    *    *    *    *

[広告]★投稿者のcharruntouさんは関西にお住まいです。関西在住の看護師さんはこちらもどうぞ。

 

投稿者のアンケート回答

スポンサーリンク(広告)

  • : 大阪府
  • : 20代
  • : 看護師
  • : 保健師
  • : 夜勤が身体に合わなくなり吐き気を催すようになったので身体に負担のかからない仕事に転職したいと思ったからです。
  • : indeedのサイトで募集を見ました。
  • : 夜勤がなく体に負担がかからない
スポンサーリンク