スポンサーリンク





実際に転職を体験した先輩看護師が教える「助言・アドバイス集」はこちら


看護師とは全く関係ない分野を専攻しての4年制大学を卒業した後に、会社員を数年していました。けれども結婚を控えて思うところあり、看護師の専門学校に入り卒業後に資格を取りました。卒業後はすぐに総合病院へと就職したのですが、2年後に旦那の転勤に伴って退職しました。

会社員から看護師の専門学校に行ったことも転職体験ですけれど、看護師の仕事でもいくつかの職場を経験しています。そのうちのほとんどが、旦那の転勤にともなっての退職、そして新しい引越し先の土地での就職となるのですが、しかし1度だけ自分の意志で転職をしました。退職したのは総合病院だったのですが、やはりあまりにも勤務がきつくて辞めたのです。

いや、そうは言いましてもサービス残業時間が多過ぎて…といったようなブラック的な意味合いでの退職理由ではありませんから。やっぱり病院はなんだかんだと言ってもホワイトですよ。だってサービスの残業なんてほとんどないですからね。看護師に関しましては。残業自体があまりないのですけれど、残業に対してはちゃんと賃金が支払われますから。

それに当時は病棟勤務ではなく外来勤務でしたので、夜帰宅することが遅くなるということもなかったものですからね。ですから結婚生活に仕事が影響することは、まあなかったですね。それならばなぜに仕事がきつく感じたのかと言われれば、それは精神的な問題です。

まあ人間関係だったのですが、やっぱり人間関係のストレスが一番堪えるものですから…。子供も授かりたかったものですし、ストレスは子作りに良くないという気持ちもあって、まあ1年は勤めましたし退職しました。そして次の職場は老人介護施設だったのですが、給与はガクーンと低いもののとても気を楽にして働けましたね。ですから転職を決めたことは間違った撰択ではなかったと思っています。

hattori

 

(広告)この体験談の投稿者:hattori さんは北海道にお住まいです。
北海道の看護師さんの転職ならこちら

 

アンケート回答

  • : 北海道
  • : 30代
  • : 会社員
  • : 看護師(老人介護施設)
  • : 看護師とは全く関係ない分野を専攻しての4年制大学を卒業した後に、会社員を数年していました。けれども結婚を控えて思うところあり、看護師の専門学校に入り卒業後に資格を取りました。卒業後はすぐに総合病院へと就職したのですが、2年後に旦那の転勤に伴って退職しました。
  • : 求人募集
  • : 気楽に働けること
スポンサーリンク