私は以前、ある目的でコーチングを学んだのですが、
そのプログラムに集っている人達の仕事で一番多かったのが、
ハローワークの相談員と看護師でした。

 

ハローワークの相談員さんは、様々な”普通じゃない人達”と関わっていて、
分不相応な転職を望んだり、仕事へのこだわりが強すぎていつまでも再就職できないなど、
日常的に困った人達を相手にしているようです。

 

そのため、それをなんとかしたいと思って(たぶん、自分が辛いのだ)、
コーチングの世界にやってくるんですね。

 

一方、看護師さんは、医療の現場が、
あまりにも診療科のドクターを頂点とするピラミッド構成であることとその弊害。

 

そして、人当たりが強くて底意地の悪い看護師長や、
ダメ出しをされ続けて心が折れて離職する若い新人看護師が多いことを憂い、
もう少し温かみのある職場カラーに変えたいという思いで、
学びに来ている人達がほとんどでした。

 

その中で、仲良くなった看護師の友人が言いました。

 

「看護師はね、『できて当たり前』の世界なの。
医療の現場はちょっとしたミスでも人の命に関わる重大事になるから、
何かを間違えると徹底的に激しく怒られるし、
基本的に、常にダメ出しがメーンのコミュニケーションなんだよね。」

 

「それは確かにそうだと思うんだけど、
でも、もうちょっと、褒めたり、
認め合ったりしてもいいんじゃないかと思って。」

 

そうなんだ。

 

確かに看護師さんはキツイ人が多いと思う。

 

白衣の天使なんて、ありゃ、ウソだね。

 

まず細かいし、まずうるさい。
前にも書いたかもしれないけど、業務で関わる相手には、
何かを許容するということがない。

 

時間通りに終わらないと、一斉に激しいブーイングだし、
ちょっとでも変なことをすると、すぐに「変だ」「おかしい」と
ギャーギャー言ってくる。

 

これじゃ、優しくて穏やかな若い人は務まらないね。

 

私のもう一人の看護師の友人は、
今は病棟を辞めて、終末期医療の訪問看護の仕事をしています。

 

彼女は大病院の職場の体制に嫌気が差して、
個人病院を中核とする訪問看護の世界に身を投じました。

 

たぶん、一軒一軒、単独で患者さんの家を回って、
お世話して感謝されることで、
やりがいと仕事の喜びを感じているのかもしれません。

 

若い新人看護師の中には、
心を病んで辞めていく人も多いとか。

 

私がもし、職場で起こられるだけの毎日だったら、
やっぱり早々にリタイアするかも。

 

看護師の皆さんが、本当に向き合わなくてはいけないのは、
職場の上司や先輩達ではなく、患者さんだよね。

 

けれど、現実にはそうなっていないところに、
何かの問題があるのかもしれません。





※このお知らせが役に立った方はクリックで応援をお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 医療施設・設備へ
にほんブログ村


スポンサーリンク