スポンサーリンク(広告)


実際に転職を体験した先輩看護師の「助言・アドバイス集」はこちら


<体験談32> 医療事資格務講座の紹介で会社員(事務職)から医療事務(総合病院)に転職しました

美奈子さん(医療事務・女性・20代・茨城県)

医療事務の仕事は、たくさんの患者さんとのコミュニケーションが大切です。ときどき医療費について質問を受けますが、病院の規模やベッド数、医療体制によって料金が変わってきます。その説明もきちんと出来なければなりません。医療費は点数制でもあるので、その点数制も理解していなければいけません。レセプト作成をしっかりと出来るように勉強しておく必要があります。診療報酬の請求の流れも把握しましょう。
医療事務の資格は無くても医療事務として就職は出来ます。しかし、医療事務の資格があった方が、転職をするときにアピールしやすくなります。経験者を優遇している求人が多いので、医療事務の経験が無い人は不利な部分があります。医療事務の資格が無くても、経験者であればある程度採用を優遇してくれます。
私が医療事務に転職して大変だと思ったのは、自分の体調管理です。病院内では常に風邪が流行っているので、マスクをして手洗いうがいをかかさずに行っています。他の患者さんに感染しないようにすることも大切です。

2017.01.04 美奈子 (女性 20代 茨城県)

アンケート回答

スポンサーリンク(広告)

  • : 茨城県
  • : 女性
  • : 30代
  • : 20代
  • : 会社員(事務職)
  • : 医療事務(総合病院)
  • :  私は会社員として働いていましたが、会社員の仕事をしている最中に体調を崩しました。その後病院でお世話になり、手厚く看護していただいたことに感激して、病院に関わる仕事をしたいと思いました。そして医療事務への転職を決意しました。
  • :  転職先の医療事務は、医療事務の資格を取りに口座へ通っていたときに紹介をしてもらいました。医療事務の資格を取ると、同時に医療事務の求人を紹介してもらえると思います。他にも、転職サイトを閲覧しました。
  • : 資格を取った講座からの紹介
  • :  医療事務は資格を取得することが比較的に簡単です。しかし、大変な職業でありながら、給与がとても低いです。残業もあり、長年続けることは難しいかもしれません。
  • :  医療事務について知るためには、医療事務の資格を取ることが良いと思います。医療事務講座を終えた後は、医療事務の仕事を紹介してもらえることが多く、メリットが多いです。




※このお知らせが役に立った方はクリックで応援をお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 医療施設・設備へ
にほんブログ村


スポンサーリンク