実際に転職を体験した先輩医療従事社の「助言・アドバイス集」はこちら


前の職場にはあって今の職場にはない医療器具・装置で欲しいものは?

このサイトに投稿してくださった医療従事者の皆さんにお尋ねしました。

お仕事 欲しいもの メーカー 理由
歯科医 アルジネート印象材・石こう自動練和器 不明 印象材や石膏の練和は個人のスキルによってずいぶんかわります。未経験者がそれなりになるにはかなり期間を要します。この自動練和器は誰でもきれいに練和することができ、時間のロスも少なく済みます。なにより印象や石膏に気泡が入らないので失敗も少なく、これがないととても不便です。
薬剤師 散剤台・集塵機 不明 錠剤棚を散剤台にしており、集塵機がついていなかった。家庭用の空気清浄機を集塵機がわりに使っていたので、きちんと集塵できているのかわからなかった。部屋も粉っぽくなるし、働いている人も多く薬を吸い込み、健康に悪影響が出るのではないかと不安だった。
半錠はさみ 不明 割線が入った錠剤をきれいに割れるから。
色付きの秤量紙 不明 秤量皿より使いやすい。色つきのものの方が白い粉がクリアに見えるから。
看護師 ホルダー付きの採血針 テルモ 採血時に、注射器を使用していましたが、採血後、針を抜いたあとに、採血スピッツに血液を入れます。その際に、自分の手にその針を刺すこともありうるので、あまり良くないなと感じていました。また、採血後、すぐにスピッツ内に血液を入れないと、凝固することもあり、精密な血液検査が出来なくなってしまうこともあるからです。
看護師  針刺し防止機能付き翼状針 テルモ クリニックでは、点滴の際に、翼状針を使用しますが、針刺し防止のキャップはなく、点滴終了後、針を抜いたあと、そのまま、針が出ている状態で、歩いて医療廃棄物ボックスに向かいます。とても危険な行為です。
看護師 点滴の認証機械があれば便利です。 不明(パソコンとバーコード読み取りの機械が連動していた) 今の病院は点滴実施の前に患者さんに氏名確認、実施看護師が点滴と氏名確認をして点滴実施しています。前の病院は上記確認動作をしたあと、患者のネームバンドのバーコードと点滴のバーコードをパソコンで読み取って照合OKがでれば投薬していました。投薬ミスが起きないよう基本の確認ステップに加えて、機械で最終確認するため医療ミスを減らすのにも良いし、実施する自分自身も最終でパソコン上で投薬間違いがないか最終確認できるので仕事をする上で安心感がありました。
理学療法士 プラットフォーム 不明 リハビリをする際や、足や手を動かす時にしっかり横になれて、動かしやすいからです。また、高さがあるので、座る練習や座位からのアプローチも可能だからです。自主体操もしていただけると思います。
イージー・ウォーク テクノ・マイス 足を乗せるだけで、足首をぐるぐると動かしてくれるため、足首の運動に良いからです。ふくらはぎの刺激にもなるので筋肉の活動も促せます。前の職場で気に入っている方が多かったため。
デジタルバランストレーナー パナソニック 重心移動やバランス練習を行える機械が前職場ではあり、安全にバランス練習を行うことができたので、とても重宝していました。はじめは、バランス練習をどの程度できるか評価が必要ですが、慣れると、設定するだけで介護士さんにも手伝っていただけるのでよかったです。
肋木 不明 立ち上がり練習や立位練習を行いやすく、手の支持を使うことができるので、安全です。前に体重をかけられない人は前方に体重をかけられるように肋木に向かって立ったりすることもできます。肋木の前に座り、セラバンドを使い、膝を引く運動もすることが可能です。使い方によって、いろんな運動ができるので、かなりあると便利です。
セラバンド 不明 伸縮性があるので、固定だけではなく、ストレッチや筋力トレーニングにも使用できます。時間があるときに、セラバンドを使って体操を行うこともできます。肌に触れたりする感じもサラッとしていて、とてもいいです。色によって使い分けができるのも魅力だと思います。
看護師 排泄物の処理と同時に尿器や便器を煮沸消毒してくれる機械が今の病棟にもあったら便利だと思います。 不明 機械が全て排泄物の処理と洗浄をしてくれるので、衛生的にもいいですし、処理をしている医療者への感染面にもいいと思います。

 





※このお知らせが役に立った方はクリックで応援をお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 医療施設・設備へ
にほんブログ村


スポンサーリンク