スポンサーリンク




スポンサーリンク(広告)


実際に転職を体験した先輩看護師の「助言・アドバイス集」はこちら


体験談<031> 「看護のお仕事」経由で看護師(一般病棟) から 看護師(老人介護施設)に転職しました

佐々木Pさん (看護師 男性 現在40代・転職は30代 鹿児島県)

従事していたスタッも正看と准看の学生、アルバイトの薬剤補助スタッフ、調理士と医療事務しかいなかった為他の専門職との連携も無く、病床数も15ある中で利用しているのは1つか2つとシフト勤務自体は楽でしたが、回診補助やバイタルチェック、リネン交換や室内清掃だけの業務だけをこなすために看護師になったんじゃないという目的意識や看護師を目指した本来の意味などの想いが日に日に増していきました。
転職を望むにあたり重視した点には給与もありますが、看護士の専門性を活かしケアする事で包括的な支援ができ、医師や保健師、管理栄養士またPT,OT、STの先生との連携を行ういわゆるチーム医療でより看護師として輝ける職場を念頭に転職活動を行いました。
看護師転職サイトの中でも登録求人数やランキング、祝い金の有無やコンサルタントサービスなどのサポートも利用して転職活動を行った結果、「看護のお仕事」で自分にとってまさに待ち望んでいた働ける居場所が見つかり成功できたと心から思える転職となりました。

2017.01.03 佐々木P (看護師 男性 現在40代・転職は30代 鹿児島県)

    *    *    *    *    *    *

[広告] ★投稿者の佐々木Pさんが転職を成功させた看護のお仕事はこちらです

アンケート回答

スポンサーリンク(広告)

  • : 鹿児島県
  • : 男性
  • : 40代
  • : 30代
  • : 看護師(一般病棟)
  • : 看護師(老人介護施設)
  • : 前職では小さな個人クリック勤務でしたので、雑用が主な任務となり専門性を発揮できる機会も少なく給与も全国平均よりも劣っていた事から転職を決意しました。
  • : 不定期の休日を利用してハローワークへも通い求人を探しましたが、求人数が限られている事や更新されるたびに通う必要があったため最終的にはネットを活用した看護師専門の転職サイトを利用して探す方法を取りました。自分が利用したのは「看護のお仕事」という求人サイトです。
  • : チーム医療でより看護師として輝ける職場を念頭に転職活動を行いました。
  • : メリット 時間を気にせずスマホアプリからでも気軽に探す事ができる。 デメリット 給与などの待遇をはじめこだわった条件まで検索できるが、投稿されている口コミが少ないため社風や雰囲気までは分かりづらかった。
  • : 転職を望むにあたり焦りや不安は付き物ですが、一度立ち止まってコンサルタントサービスという第三者の視点からの意見も受け入れてみる事も重要です。 自分の適性やストレス耐性など客観的に診断してもらう事で、未知なる才能が開花できる可能性もありますので利用してみる事をお勧めします。
スポンサーリンク