スポンサーリンク




スポンサーリンク(広告)


実際に転職を体験した先輩理学療法士の「助言・アドバイス集」はこちら


<体験談027> 転職エージェント経由で薬剤師(大手チェーン調剤薬局)から薬剤師(大手チェーン調剤薬局)に転職しました

るり子さん(薬剤師・女性・転職は20代・東京都)

大学を卒業後、せっかく薬剤師になったので病院という最前線の現場で働きたいと思い病院へ就職したのですが、そこがそこまで規模の大きくない個人病院で、薬剤師の仕事と言えばほとんど調剤室での調剤と注射薬の払い出しや在庫管理ばかりで入院患者への投薬もなく、また保険適用もないため外来窓口での投薬など患者さんと触れ合う機会が全くない職場でした。これからのキャリアのことを考えるとこのままでいいのか不安になり、患者さんと直接に触れ合えて、また保険調剤のことも学びたいと思い調剤薬局への転職を視野に退職して求職活動を始めました。
同窓の先輩などを頼っていい職場を紹介してもらうことも考えましたが、紹介してもらうと何かあったときに辞めにくかったり迷惑をかけてしまうこともあると思い、無難に薬剤師専門の転職支援会社に登録しましたが、結果的にはそれで正解だった気がします。担当者は私の希望を良く聞いてくれて、研修会や勉強会を活発に行っていて、独自の調剤テキストも作っている大手の調剤薬局を紹介してくれて、そこで働くことに決めました。仕事は以前よりも格段に忙しくなりましたが、患者さんとのやりとりはとても勉強になるし何より楽しいです。勇気を出して転職してよかったと思いました。

2016.12.15 るり子さん (薬剤師 女性 転職は20代 東京都)

*    *    *    *    *    *

[広告] ★投稿者が転職時に登録したファルマスタッフはこちら

アンケート回答

スポンサーリンク(広告)

  • : 東京都
  • : 女性
  • : 20代
  • : 薬剤師(地域の個人病院)
  • : 薬剤師(大手チェーン調剤薬局)
  • : 憧れて入職した病院薬剤師ですが、あまりにも規模が小さく仕事内容が限られていて、これからのキャリアを考えると転職したほうが良いと思いました。
  • : 同業者にも相談しましたが、結局薬剤師専門の転職支援会社に複数登録し、様々な職場を見学させてもらってじっくり時間をかけて決めました。焦らず求職活動をしてよかったと思っています。
  • : 調剤薬局への転職を視野に退職して求職活動を始めました。
  • : 「ファルマスタッフ」や「ヤクジョブ」「メディカルプラネット」に実際に登録して転職活動を行いました。すべて薬剤師と医療関係専門の転職支援会社になります。メリットは、たくさんの求人を提示してくれるので客観的に選ぶことができること。デメリットはたくさんありすぎて、自分のビジョンがはっきりしてないと迷ってしまう可能性があります。
  • : 自分がどういうキャリアを積みたいのか、そのためにはどういった職場でどういう働き方をしていきたいのか、きちんとビジョンを持って取り組むことがとても大事だと思います。
スポンサーリンク