スポンサーリンク(広告)


実際に転職を体験した先輩臨床検査技師の「助言・アドバイス集」はこちら


<体験談025> 臨床検査技師会経由で臨床検査技師(総合病院)から臨床検査技師(総合病院)に転職しました

かりんさん(臨床検査技師・女性・20代・北海道)

期限付き職員で総合病院に勤務していたころは、病理部で主に免疫染色をしていました。大学病院だったので、新人教育もしっかりしており、このままこの病院で働きたいという気持ちを強く持っていたのですが、上に雇用の空きがなく切られてしまいました。私は団塊の世代が退職し、人員補充が完了した後の年代だったので、余計に空きがなかったようです。
私は病理の染色の技術を生かしたくてほかの病院で病理部に就職できるところを探したのですが、病理部と働く部署を絞ってしまうと、雇用は格段に少なくなってしまいます。今、臨床検査技師で一番求められている人材はエコーのできる生理検査への従事者なので、他からの転職はなかなか難しかったです。部署を絞らなければ転職先はたくさんあったのでしょうが、わたしは病理をもっとやりたいと思い、最終的に検査センターに勤務することになりました。検査センターは病院と違い、スクリーニングが主な仕事ですが、病院とは違ったやりがいを感じています。

かりん(臨床検査技師 北海道 女性 20代)

*    *    *    *    *    *

[リンク] ★かりんさんが仕事探しに活用した北海道臨床検査技師会はこちら

 アンケート回答

スポンサーリンク(広告)

  • : 北海道
  • : 女性
  • : 20代
  • : 臨床検査技師(総合病院)
  • : 臨床検査技師(検査センター)
  • : 臨床検査技師は雇用者数がおおく、空きがない状態です。そのため、期限付き職員という形での雇用が多くなっています。私も期限付き職員の雇用期間が終わってしまったので、次の職場を探しました。
  • : わたしが使った求人サイトはindeedと臨床検査技師の技師会の求人ページでした。indeedはまとまっていて見やすく、技師会のほうは正規雇用が多い印象でした。最終的に転職先を見つけたのは、臨床検査技師会の求人情報でした。各都道府県に臨床検査技師会があり、そこのHPにその都道府県で募集している求人が載っています。私はそれを見て応募しました。
  • : 病理をもっとやりたいと思い、最終的に検査センターに勤務することになりました
  • : 臨床検査技師はほかの医療職とは違い、人数が圧倒的に少なく、きちんとした転職サービスがあるわけではないので自分で動くしかないところが大変だった。
  • : 2.3の求人サイトを見ると、他ではなかった求人が出てくるのでいろいろ情報を集めるべきだと思う。また、病院での臨床検査技師を欲している企業もあるので、興味があればそっちも調べてみるといいと思う。




※このお知らせが役に立った方はクリックで応援をお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 医療施設・設備へ
にほんブログ村


スポンサーリンク