スポンサーリンク(広告)


実際に転職を体験した先輩歯科スタッフの「助言・アドバイス集」はこちら


<体験談024> 転職エージェント経由で会社員(研究職)から治験コーディネーターに転職しました

せりなさん(治験コーディネーター・女性・20代・兵庫)

大学で薬学部を卒業した後,製薬メーカーの研究員として新薬の研究開発に携わっていました。研究の中でも下流の安全性研究(GLP試験)等を担当していたこともあり,治験などに興味を持ち医療現場で働きたいと考えるようになったのが転職のきっかけです。

薬剤師資格が活かせて治験に携わる仕事としては製薬メーカーのCRA(開発モニター)に転職することも考えましたが,より患者さんや医師,看護師との距離が近い仕事に従事したくCRC(治験コーディネーター)への転職を考えました。

CRCは看護師などの医療機関で働いたことがある人が優遇されていましたが,薬の知識がある薬剤師も重宝されると思います。薬剤師で製薬メーカーでの研究やMRについていた方,調剤薬局勤務をしていた方でもCRCへの転職は可能です。転職活動の面接などで重視された点は,経験や知識よりも医師や看護師,患者さんとのコミュニケーションが上手にとれることや,治験スケジュールを管理したり,検査結果を収集したりするため,資料作成などが早く正確にできることなどでした。

就職後も研修が充実しているため,未経験であることは気になりませんでした。研究所にこもって仕事をするよりは,人と触れ合う機会が多くやりがいを感じています。

2016.12.11 せりなさん (CRC治験コーディネーター・女性・20代・兵庫)

    *    *    *    *    *    *

アンケート回答

スポンサーリンク(広告)

  • : 兵庫県
  • : 女性
  • : 20代
  • : 会社員(研究職)
  • : 治験コーディネーター
  • : 研究者として薬の研究開発に携わっていたが,より患者さんに近いところで仕事をしたいと考えたため。
  • : インターネットで中途採用情報を調べており,1件応募したことで転職エージェントに登録したことがきっかけで案件を紹介していただきました。とくに,医療系求人に特化した株式会社アンサーの求人紹介が内容も充実していてよかったです。
  • : 薬剤師資格が活かせて、より患者さんや医師,看護師との距離が近い仕事
  • : 医療業界は人の移動も多いため常に求人がありますが,信用のある人でないと採用したくないという側面もあるため一般に出回っていない求人が多い気がします。転職エージェントに登録したことで多くの求人案件を紹介していただき良かったです。
  • : 医療系専門の転職エージェントがありますし,特に専門にしていない転職エージェントでも医療系の求人を専門に担当している方に担当していただくことでスムーズな転職活動ができると思います。キャリア登録などをする際は,医療系というところにチェックを入れるようにしましょう。




※このお知らせが役に立った方はクリックで応援をお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 医療施設・設備へ
にほんブログ村


スポンサーリンク